ブラッシング以外で効果的なお口のケア方法

ブラッシング以外にもできるお口のケア方法について触れたデンタルケア情報サイト

>

歯間のケアにはデンタルフロスや歯間ブラシ

歯間のケアはブラッシングでは不十分

極論、究極的に個人にフィットした歯ブラシを用いて、最適なブラッシングを実行できるのであれば、ブラッシングのみで口腔内をケアしきることができないわけではありませんが、個々人の口腔内は歯の生え方や歯並びだけでなく顎の骨の形や親知らずの有無によっても影響を受けることになるため、個人差があり、ブラッシングだけでお口をケアしきることは、現実的ではありません。

歯間の間隔まで含めた、完全なオーダーメイドの歯ブラシによる的確なブラッシングでない限りは、歯間の食べかすや歯垢をブラッシングしきることは難しいことから、ブラッシングのみでの歯間ケアでは不十分であり、歯間のケアにはデンタルフロスや歯間ブラシのご使用をお勧めします。

デンタルフロスや歯間ブラシで歯間ケア

歯間は間隔に個人差がある上に、歯の形状による影響もあるため、ブラッシングのみでケアしきることが難しい場所ですが、食べかすや歯垢が蓄積しやすいことから歯石が発生しやすくい場所で、虫歯や歯周病から口腔内を守りお口をケアするためには、絶対にケアを怠ることができない場所です。

歯ブラシによるブラッシングでのケアが難しい以上、歯間にはブラッシング以外のケアが必要となるわけですが、ブラッシングだけでなくうがいでも歯間まではフォローしきれない場合が多いことから、歯間のケアには専用の道具を用いた方が効果的で、糸状で歯間の食べかすや歯垢をこそぎ取ることに適したデンタルフロスに加え、隙間が大きな歯間の食べかすや歯垢を取り除くことに適している歯間ブラシなどを用いて、歯間をケアし、お口をケアしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る