ブラッシング以外で効果的なお口のケア方法

ブラッシング以外にもできるお口のケア方法について触れたデンタルケア情報サイト

>

うがいの効果と洗口液や液体歯磨き

意外に効果的なうがい

お口のケアにおいては、ブラッシングに次いでメジャーなうがいですが、お口のケアにおけるうがいには二つの役割があり、一つには口腔内をすすぐことによって口腔内に留まった食べかすを取り除くことで、もう一つは口腔内をゆすぐことによって口腔内に付着したり、歯間に挟まった食べかすを取り除いたりすることにあります。

一見すると、すすぎうがいもゆすぎうがいも、同様のものに見えるかも知れませんが、すすぎうがいは口腔内をすすぐ、つまり液体をかける程度に留まるのに対し、ゆすぎうがいの場合、液体を口腔内で激しく動かしてゆすぐので、すすぎうがいでは口腔内をすっきりさせる程度の効果しか望めないのに対し、ゆすぎうがいなら口腔内の食べかすを取り除けることもあるため、簡易的なブラッシングにも匹敵する効果があるなど、両者には明確な効果の違いがあるのです。

洗口液や液体歯磨きによるうがい

うがいでお口のケアを行う際、水によるうがいでもゆすぐことを心がければかなりの効果が望め、学校や会社といった歯のブラッシングが望めない場面における歯のケアには効果的ですが、洗口液や液体歯磨きを用いれば、うがいの効果は飛躍的に高まり、洗口液ならすすぎうがい程度でもゆすぎうがい並みの洗浄効果と含有されている薬用成分による口腔内のケア効果が見込め、液体歯磨きには歯に付着した食べかすや歯垢をはがれやすくする効果が望めるでしょう。

ちなみに、洗口液と液体歯磨きは機能が異なり、洗口液が洗口液単独で口腔内をケアする機能を有しているのに対し、液体歯磨きはブラッシングとの組み合わせで効果を発揮する機能を持つため、うがいの効果を高めるなら洗口液を使用し、ブラッシングの効果を高めるなら液体歯磨きを利用するなど、適切に利用してお口をケアしてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る